インプラント

より良い笑顔と食生活のために

「もう一度自由に笑いたい」「何でも食べたい」とお考えの方に、インプラントという選択肢をおすすめします。予防歯科の観点からも、インプラントは歯に負担をかけず、自然な歯の機能を長く維持するための最適な方法の一つとされています。

ただ、インプラントに対して不安を感じる方も少なくありません。「怖い」「高価」「リスクがある」といった誤解を解消するために、このページではインプラントの治療方法や、部分入れ歯やブリッジとの違い、そして当院がどのように患者さまのニーズに応じた治療を心がけているかを詳しくご紹介します。

あゆみインプラントセンター

インプラントとは

インプラントは、外科手術を用いてチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を固定する治療方法です。この技術は、ブリッジや入れ歯と並ぶ主要な欠損補綴法の一つであり、自然な歯の感覚を取り戻し、食事を楽しむことが可能になります。

インプラントの耐用年数は、適切なケアによって左右されます。通常、インプラントは約20年の使用が見込まれますが、この期間を超えると再手術が必要になることがあります。そのため、「インプラントの寿命」は、歯周病予防や定期的な専門的メンテナンスなど、患者さま自身の日々のケアと歯科医院のサポートに大きく依存します。適切な歯周病予防とメンテナンスを行わない場合、インプラントは数年で機能しなくなるリスクもあります。ですから、患者さまと歯科医院が協力して、インプラントを長期にわたって維持することが重要です。

インプラントを選ぶなら

インプラントを選ぶ際に知っておくべき、2つの重要な情報があります。
誤解されがちな危険性についてと、不安を抱える方の多い費用についてです。それぞれご紹介していきます。

危険性はあるのか?

インプラントは過去に「インプラント・バッシング」により悪評が広まり、危険とみなされることが多くあります。確かに、インプラントは外科手術であり、出血や腫れ、痛みといった症状が発生する可能性がありますが、これは虫歯や歯周病治療で見られる症状と同様です。インプラントが特別に危険なわけではありません。

しかし、インプラントは骨に埋め込む必要があり、手術中に近くの神経や血管を傷つけるリスクが全く無いわけではありません。これを防ぐために、当院ではインプラント手術前に必ずCT撮影と模型診断を行います。この事前診断により、手術計画を緻密に立て、ガイデットサージェリーを用いて三次元データに基づいたシミュレーションを実施します。これにより、危険性を最大限に減らし、安全に手術を進めることが可能です。

当院では、無理や無謀な手術を避け、患者さま一人一人に合わせた計画的なアプローチにより、過去10年間で大出血や神経損傷といった重大な合併症は一度も起こしていません。綿密な準備と正確な手術により、インプラントは信頼できる安全な治療オプションとなっています。安心して手術を受けることができるよう、全力を尽くしてお待ちしています。

費用はどれくらいかかる?

インプラントの治療費は、一本あたり約30万円が目安となります。この費用は一見高く感じるかもしれませんが、その背後には以下のような要因があります。

保険適用外の治療

この治療は保険適用外とされています。主な理由は、他に部分入れ歯やブリッジなどの治療オプションが存在し、インプラントが「美容整形的な、望みを叶える治療」と位置付けられるためです。結果として、治療費は全額自己負担となり、かなりの金額が必要になります。このため、費用が高いと感じ、治療を諦めてしまう方も少なくありません。

しかし、高額な医療費に対する支払いが理由で諦める前に、医療費控除の利用を検討してください。医療費控除とは、年間に自己負担で10万円以上の医療費を支払った場合、その金額を所得から控除し、税金を軽減できる制度です。たとえば、年収500万円で医療費に30万円支払った場合、約6万円の税金が還付されることがあります。(参照:https://zeimo.jp/tool/medical-deduction)これにより、実質的な費用負担は24万円に軽減される可能性があります。

医療費控除の適用は個々の状況により異なるため、具体的な計算や適用条件については専門家に相談するか、確定申告の際に詳しく調べることをおすすめします。この制度を利用すれば、経済的な負担を少しでも軽減し、必要な治療を受けることが可能になるかもしれません。

材料費について

インプラント治療には、人工歯根、人工歯、接続パーツ、型取り用の材料など、多くの専用パーツが必要です。さらに、これらのパーツを製造するための技工料や、世界最大シェアを持つメーカーのシステム使用料も含まれます。これらは高品質で信頼性の高い治療を提供するための必要経費です。

マイナーなメーカーの製品を使用すると、以下のリスクが考えられます。

  • 他の医院での対応が難しい場合がある。
  • 品質に問題がある可能性がある。
  • 長期間後にメーカーが倒産してしまい、必要な部品が調達できなくなるリスクがある。

これらの問題を回避するためには、広く認知され、多くの医院で対応可能な大手メーカーの製品を選ぶことが重要です。将来的に部品の交換や修正が必要になった場合でも、広いシェアを持つメーカーの製品であれば、対応がしやすく、部品の入手も容易です。また、患者さまが引っ越しなどで別の医院に転院する必要が出た場合でも、同じシステムを扱っている医院を見つけやすいのです。

経験について

当院の医師たちは、高品質な手術を提供するために、日々技術を磨き続けています。診療時間外にも模型や豚の骨を用いた練習を行い、休日は技術や知識を更新するための数十万円かかる学会にも参加しています。それらの経費は少しずつ治療費に上乗せさせていただいております。

安価な治療を提供する医院も存在しますが、手術の質は経験と継続的な学びによって支えられています。そのため、確かな手術を期待する場合、低価格だけを追求するのは適切ではありません。自由診療では、医師が自らの価格を設定しますが、豊富な経験と専門知識を持つ医師はその技術を安くは提供しません。

そのため、安心して手術を受けたい場合は、多少価格が高めの医院を選ぶことがおすすめです。価格が高い理由は、保険の適用外であること、高品質な材料の使用、医師の継続的な技術向上、そして長期の保証を提供するためです。これらを考慮に入れた上で、医院を選ぶことが重要です。

歯を失ったときの選択肢

歯を失った場合、主に以下の3つの治療方法が考えられます。

入れ歯

入れ歯には、皆様ご存じの通り「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。ここでは1~複数本が抜けてしまった場合に用いられる部分入れ歯についてご紹介していきます。

部分入れ歯は、残存している歯に金具を引っ掛けて装着するため、隣接する歯を削る必要がなく、取り外しが可能な治療方法です。

しかし、金具で引っ掛ける仕組みのため、食事中や頬杖をつく際に力が加わると入れ歯が動いてしまうことがあります。この横揺れが、隣接する歯にくぎ抜きのような力を加え、長期的に歯に負担をかける可能性があります。日本補綴歯科学会のデータによると、部分入れ歯を装着した場合の10年後の隣接する歯の生存率は56%と報告されています。これは、10年後に半分の確率で隣の歯が抜ける可能性があることを意味しています。

したがって、できるだけ自分の歯を長く保ちたい方には、他の選択肢を検討する価値があるかもしれません。

ブリッジ

ブリッジは歯が抜けた部分に隣接する健康な歯を利用して人工の歯を固定する治療方法です。この手法では両サイドの歯のエナメル質を削り、その上に人工の歯を連結した被せ物を装着します。一度装着すると取り外す必要がないため、日常生活での違和感が少なく、患者さまからは人気のある治療法です。また、日本補綴歯科学会によれば、10年後の生存率は92%と高く、長期的にも安定しています。

しかし、ブリッジ治療には隣接する健康な歯を削る必要があり、その結果、歯の強度が低下することがデメリットとして挙げられます。さらに、噛む力が増すため、特に噛みしめや歯ぎしりの癖がある方はリスクが高まります。実際に噛みしめの際には、体重の5倍の力がかかることがあり、その力によってブリッジがたわむ、ゆがむ、または外れるリスクもあります。これらの問題が発生すると、接着剤が流れ出たり、虫歯が進行したりする危険性もあります。

そのため、ブリッジは噛みしめる癖や歯ぎしりがない方には適した選択肢ですが、そういった癖がある方にはリスクが伴うため、慎重な選択が求められます。

インプラント

インプラントは、人工的な歯根を骨に埋め込み、その上に人工歯を固定する治療方法です。この技術の大きな利点は、隣接する歯に負担をかけないことです。その結果、インプラントを利用した場合の隣接歯の10年後の生存率は99〜100%と非常に高く、他の方法と比べて最も高い水準を誇っています。このため、単一の歯が失われた場合、インプラントは最有力の治療候補とされています。長期にわたって自分の歯を維持したい方や、これ以上の歯の欠損を避けたい方に特におすすめの治療法です。

そもそも歯を失う原因は何が多い?

歯を失う原因は主に虫歯(う蝕)、歯周病、そして破折です。公益財団法人8020推進財団の2018年の調査によると、歯周病が37.1%と最も多く、次いで虫歯が29.2%、破折が17.8%と続きます。

特に歯周病では、状態が進むと複数の歯が同時に抜けることもありますが、多くの人が最初に歯を失う原因は虫歯や破折が多いと考えられています。日々の口内ケアの質が、これらの病状の進行や重症度に大きな影響を与えるため、口内ケアに不安がある場合はぜひお気軽にご相談ください。

歯が一本抜けてしまった場合

そもそも歯を失う原因は何が多い?

失われた歯に隣接する歯が健康な場合、ブリッジの使用は慎重に検討すべきです。ブリッジ治療では、隣接する健康な歯のエナメル質を大量に削り取る必要があり、これにより歯の強度が大幅に低下し、その歯の寿命が短くなる可能性が高まります。

したがって、隣接する歯を保護する観点から、部分入れ歯やインプラントがより優れた選択肢となります。これらの方法は、健康な歯への影響を最小限に抑えつつ、機能の回復を図ることができます。特にインプラントは周囲の歯に影響を与えずに施術が可能であり、長期的に見ても歯の健康を維持するのに適しています。

なぜ治療にあたって隣の歯のエナメル質に注目する必要があるのか

エナメル質は、歯の最も硬い部分で、人体の中でも最も硬い素材の一つです。実際には水晶と同等の硬さを持ち、モース硬度で7に相当します。これは鉄やガラスよりも硬いということですが、驚くべきはその硬さです。しかし、エナメル質は衝撃には弱く、特に噛み合わせ部分が2mm以下の薄さになると、衝撃でヒビが入るか折れる恐れがあり、被覆治療が必要になります。

エナメル質が薄くなると、日常のちょっとした衝撃で歯にダメージが生じることがあります。そのため、エナメル質がすり減ったり、治療歴や噛み締めによって薄くなっている場合は、特に注意が必要です。ブリッジ治療は、このような状況にある隣接歯を利用して、歯の失われたスペースを補綴する手法です。エナメル質が少なくなっている歯にブリッジを適用することで、強度を補強し、同時に隣のスペースを埋めることが可能です。これにより、歯全体の機能を回復させ、さらなる損傷を防ぐことができます。

隣の歯が失活歯の場合

隣の歯が失活歯、つまり神経を抜いた歯の場合、その歯を支えとしてブリッジや部分入れ歯を設置することはおすすめできません。失活歯とは、深い虫歯や他の理由で神経が取り除かれた歯のことを指し、これにより歯の強度が大きく低下しています。

神経を抜く必要があるほどの虫歯は、しばしば大型の補綴物を必要とし、失活歯には土台として「ポスト」や「コア」と呼ばれるものが用いられます。このような歯にブリッジや部分入れ歯の金具を追加すると、多くのパーツが1本の歯に集中し、既に弱っている歯に過度な負担をかけてしまいます。これは、回復途中の人に重労働を強いるようなもので、負荷に耐えかねて歯が破折したり、部品が緩んだり、被せ物の下で虫歯が進行したりするリスクが高まります。

そのため、隣の歯が失活歯である場合は、インプラントが適切な選択です。インプラントは周囲の歯に負担をかけずに欠損部を補綴でき、歯の機能と見た目を回復することが可能です。特に歯が弱っている状況では、追加のストレスを与えずに治療を行うことが重要です。

奥歯が抜けた場合

奥歯が抜けた場合、その治療は特に慎重に行う必要があります。
奥歯は歯の幅が広く、以下の懸念が伴います。

  • 長いスペースをカバーする必要があるため、ブリッジや部分入れ歯による隣接歯への負担が大きくなる
  • 奥歯の隣接歯は背が低いことが多く、そのために装着した器具が外れやすくなるリスクがある

特に第一大臼歯は噛む力が非常に強い部位で、主要な機能を担っています。このため、負荷がかかりやすく、磨きにくい位置にあることから、失われやすい歯とされています。そうした重要な役割を担う歯が抜けた場合、長期間安定して噛める治療方法としてインプラントが最適です。インプラントは隣接する歯に負担をかけず、確実に噛む機能を回復させることができます。

最奥が抜けた場合

最奥の歯が抜けた場合の治療方法にはいくつかの選択肢がありますが、その中でもインプラントが特におすすめです。最奥部では、両サイドに支える歯がないため、ブリッジや部分入れ歯の設置が一般的には難しいと考えられがちです。

実際に、ブリッジや部分入れ歯を用いる方法も技術的には可能です。たとえば、ブリッジでは前の2本の歯に被せ物を施し、最奥にダミーの歯を作ります。部分入れ歯も同様に、前方の歯に金具をかけて装着します。しかし、これらの方法はどちらも片方の固定点に頼るため、装置が不安定になりやすく、使用中に歯を引き抜くような力が加わり、隣接歯に損害を与えるリスクが高まります。

このため、最奥の歯が失われた場合は、隣接する歯に負担をかけることなく、安定した噛み心地を提供するインプラントが最適な選択肢とされます。インプラントは、周囲の歯に影響を与えることなく独立して機能し、長期的に見ても健康的な口腔状態を維持するのに役立ちます。特に奥歯は、噛む力が集中する部位であり、見た目よりも機能性が求められるため、インプラントの利点が特に顕著になります。

何本も続けて抜けてしまったとき

複数の歯が連続して抜けた場合、適切な治療方法の選択は重要です。ブリッジや部分入れ歯も技術的には可能ですが、これらの方法には限界があります。特に長いブリッジは構造的に不安定で、部分入れ歯は隣接歯に負担をかけてしまうリスクがあります。

そこで考慮されるのが「インプラントサポートデンチャー」です。この方法では、一部にインプラントを設置し、それを支点として部分入れ歯を支えます。これにより、部分入れ歯の安定性が高まり、隣接する自然歯へのダメージが減少します。特に、最奥部にインプラントを1本設置することで、噛む力を直接インプラントに伝え、全体の負担を軽減する効果が期待できます。,4本が抜けた状態では不向きと言わざるを得ません。

このようなアプローチで、治療費の削減と体への負担軽減を実現しつつ、噛み合わせの機能を大幅に改善します。どの治療法を選択するにせよ、患者さまの健康状態や経済的な状況を考慮し、最適な計画を立てることが重要です。,4本が抜けた状態では不向きと言わざるを得ません。

当院の治療方針

当院では、歯が失われる主要な原因である虫歯や歯周病を予防することに特に力を入れています。患者さま一人ひとりが抱えるリスク因子を詳細に分析し、生活習慣の改善を含む予防措置を徹底しています。最も強い歯は、自分自身の健全な歯です。そのため、予防歯科の目標は「どうすればその歯を守れるか」ということに集中しています。当院は患者さまが自分の歯を1本でも多く残せるよう全力でサポートします。

しかし、一度失われた歯やすでに欠損している歯については、さらなる欠損を防ぐための治療が必要です。この状況では、隣接する歯に負荷をかけないインプラントが有効な治療方法だと考えています。当院ではCTやガイデットサージェリーを駆使して、患者さまが安心して手術を受けられるように万全の準備を行っています。どうぞ安心してご相談ください。

あゆみインプラントセンター